筋トレ ダイエット

サプリですばやくチャージ!

スポンサードリンク

カテゴリー

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


超回復は、筋線維の修復過程で起こる

 
・成長ホルモンによる修復は、断裂した筋線維を、断裂する前のレベルよりも、(一時的に)太くする。これを、超回復という。

 

・超回復は、再び同じ強度の負荷を受けた場合に備え、(負荷に耐えられるように)筋線維を強化する働き。

・超回復は、筋線維の修復過程で起こる。

・(大筋群の)筋線維の修復に要する時間は、筋トレ後48~72時間(2~3日)。
→大筋群
→小筋群

※ただし、個人差がある。
※また、加齢によって修復に要する時間は遅くなる。

断裂した筋線維の修復

 
・断裂した筋線維は、成長ホルモンにより、修復される。

 

※乳酸などの疲労物質の血中濃度が高まることにより、成長ホルモンが分泌される。
→成長ホルモン

筋トレによる、(速)筋線維の断裂

 
・(速)筋線維は、強い負荷(過負荷)を受けると、部分的に断裂する。

 

・逆にいうと、負荷の強度が不足すれば、筋線維の断裂は起こらない。
→負荷の目安

 

※筋線維が断裂するといっても、生活に支障が出るほどの断裂が起きるワケではない。
→EMS(オークローン)

※ムリに断裂を起こそうとしても、反復回数が限界値(8~10回)を超えると、筋肉内に蓄積される疲労物質(乳酸)が、筋肉の反復動作にブレーキをかける。

筋肥大のメカニズム

筋肥大(バルクアップ)させるカギは、超回復にある。

 
筋肥大(バルクアップ)させるには、筋肉に負荷をかけて、筋線維を損傷させる。

・筋トレにより、(速)筋線維が断裂する

・断裂した筋線維は、修復される

・超回復は、筋線維の修復過程で起こる