筋トレ ダイエット

サプリですばやくチャージ!

スポンサードリンク

カテゴリー

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


伸筋トレのススメ

 
筋肉を機能別で分類すると、「伸筋」と「屈筋」に分けられる。
→伸筋
→屈筋

伸筋の特徴は、加齢により、いちじるしく筋量が減少する筋肉であること。

代謝への影響が大きい筋肉として、加齢にともなって萎縮する、加齢の影響を受けやすい筋肉を狙い撃つというのも重要です。何もしなければ歳とともに萎縮する筋肉、萎縮しやすい筋肉を維持したい、増やせるなら増やそうという戦略です。とりあえず、大ざっぱないい方をすれば、太もも、お尻、お腹、背中の筋肉が該当します。( 『一生太らない体のつくり方』 p111)

 

たとえば、太ももの筋肉だと、表側の大腿四頭筋は「伸筋」、裏側のハムストリングスは「屈筋」。
 
「伸筋」である大腿四頭筋が、加齢にともなって萎縮する結果、

太ももの筋肉は、三〇歳から七〇歳代までの間に太さが半分になってしまいます。いい方を換えれば、三〇歳の時には足二本でやっていたことを、七〇歳になったら足一本でやらなくてはいけないということです。( 『一生太らない体のつくり方』 p112)

 

つまり、加齢による伸筋の萎縮は、筋肉による熱生産の減少で基礎代謝が下がるばかりでなく、日常的な活動の低下にもつながるのです。

高齢者がなんでもないところでつまずいたりするのも、背骨と両足の付げ根を結ぶ筋肉(大腰筋)や、骨盤と足の付げ根を結ぶ筋肉(腸骨筋)が落ちてしまったために起こることが多いのです。( 『一生太らない体のつくり方』 p112)

 

加齢による伸筋の萎縮は、日常的な活動の低下につながり、その結果、さらにエネルギー消費量が減るという悪循環もまねいてしまうのです。

 加齢にともなって萎縮する傾向の強い筋として覚えておいていただきたいのは、大腿四頭筋以外では、頚部の筋群、僧帽筋下部、広背筋、腹筋群、大腰筋、大臀筋などです。( 『一生太らない体のつくり方』 p115)

→腰割り

スポンサードリンク